アンチ・ドーピング-東京オリンピックはもうすぐ-

東京オリンピックがもうすぐ開催されますね。
病院にもスポーツ選手にドーピングの薬など問われることあるので、良いサイトを掲載します。

サイトはこちら

医療者もすべての薬は覚えられないので、いい検索サイトがあります。

global DROはこちらへ

ここで検索してください。

また治療でどうしても禁止されている薬を使わなくていけない時は申請しなくてはいけません。このようなものがあるそうです。

TUE(治療使用特例)の承認条件

  • 治療をする上で、使用しないと健康に重大な影響を及ぼすことが予想される
  • 他に代えられる合理的な治療方法がない
  • 使用しても、健康を取り戻す以上に競技力を向上させる効果を生まない
  • ドーピングの副作用に対する治療ではない

それでは。

化学療法中に発熱??-発熱性好中球減少症-

シスプラチンなどの化学療法中に発熱性好中球減少症(FN)が起こることがあります。死に直結する大変危険な病態であり、即座の介入が必要です。

ガイドライン

発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン(第1版) 日本臨床腫瘍学会 2012年8月
前付・目次
1章 FNの概要と初期評価(CQ1-5)
2章 FNに対する治療(CQ6-21)
3章 FNの予防(CQ22-27)
索引

発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン(改定第2版 案)パブリックコメント用

発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン(改訂第2版)

発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン(改訂第2版)

  • 作者:日本臨床腫瘍学会
  • 出版社:南江堂
  • 発売日: 2017年10月16日

MASCCスコア(最大26点)により分類する。(推奨グレードA 第2版ではB)

□臨床症状(下記のうち1つを選択)
 ・無症状 5  ・軽度の症状 5  ・中等度の症状 3
□血圧低下なし 5
□COPDなし 4
□固形癌であるorあるいは造血器腫瘍で真菌感染症の既往がない 4
□脱水症状なし 3
□外来管理中に発熱した患者 3
□60歳未満(16歳未満には適用しない) 2

MASCCスコアで高リスク(20点以下)なら抗緑膿菌の点滴抗生剤(マキシピーム2g2回、メロペン1g3回など)を投与開始します。

頭頚部癌FN発症頻度としてガイドラインで紹介されているのは
DTX/5FU/CDDP   12%
5FU/CDDP(FP)   7%

逆に発熱性好中球減少症(FN)にG-CSFを使用することはこのようにまとめられています。

それでは。

カロリックテスト-恋と一緒-

冷たくされると離れて、暖かくされると近づく。そう、恋と一緒。

そう覚えた人も多いのではないでしょうか。
国家試験でも出てきましたね。

カロリックテストは冷水入れると、眼振が冷水を入れた方と逆に向いて、温水入れると、眼振が温水を入れた方に向く、そんな風に覚えたかと思います。

前庭動眼反射(Vestibulo-ocular reflex, VOR)は姿勢の維持のために重要な反射であり、頭を動かしたときにモノがぶれないようにする反射です。この反射がなければモノがぶれぶれで何もわからなくなってしまいます。また小脳によっても調整します。

wikipediaより

VORの検査にカロリックテストというものが使われています。これは、1914年にノーベル生理学賞を受賞したバラニー先生によって報告されました。

独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 永雄先生

頭を傾け水平(外側)半規管を垂直にし、温水を耳の中に注入します。するとリンパ流の流れによって水平半規管の有毛細胞が脱分極し、対側に向かうVOR(緩徐相)が生まれます。その後それを戻そうとする急速相によって、注入側に眼振がでるように見えます。
冷水を入れた場合は逆です。

平衡機能検査の基準化のための資料
Ⅲ迷路刺激検査 1温度刺激検査 2016年改定

ここにも詳しく書かれています。
検査結果より、Jongkeesの式で、CP(canal paresus 半規管麻痺)%を調べて、20%以上をCPと判定するとされています。

また温冷水のかわりに温風などを使ってすることもあります。

それでは。

食生活アドバイザー2級・3級合格

ふと思い立って受けてみた資格。
最高級が2級と不思議な資格だけど、併願受験で2、3級どっちも受かりました。

試験会場若い女の子と、主婦しかいなくて場違いだったけど笑

これを日々の診療に生かしていきたいと思います。

といっても耳鼻科ではあまり食生活指導の場面は少ないな・・・


使った参考書

この冬は論文作成を頑張ろうと思います。

それでは。

Harris-Benedictの式-エネルギーはどれくらい摂ればいいの?-

医療者にとっては当たり前すぎる式ですが、一度ご紹介したいと思います。入院中の患者でエネルギーを摂るときなどに参考にしている式です。

つまり、患者の全エネルギー消費量(total energy expenditure : TEE)を求め、それを補うと考えればよいわけです。

投与エネルギーの決め方は次の式のように決めます。

TEE=BEE × activity factor × stress factor

                          (ニュートリー株式会社のHPより)

例えば170cm、70kgの60歳男性、歩行は可能、胆嚢手術後2日目で、臓器障害なし、熱傷なし、体温も正常範囲内とします。

BEEは66.57+13.75×70(kg)+5.0×170(cm)-6.76×60(歳)
=1473.37
となります。
active factorは1.2となり、
stress factorは1.2となります。

TEE=BEE × activity factor × stress factorなので
TEE=1473.37×1.2×1.2=2121.653 Kcal/day

となります。

自分のことですが、11月に食生活アドバイザーの資格試験を受けてから、カロリーとか、栄養素の表示を見るようになりました。
何がどれくらい入っているかとかはもちろんですが、表示の仕方の仕組みがわかり、食品選びが楽しくなりました。

受かっているといいな。

高額医療費-最大払う金額はいくら?-

病気になって医療費を払う場合人によって0-3割払いますよね?例えば3割負担とかでも大手術を行ったときに何百万にもなってしまう・・・そんなときに高額療養費の払い戻しができます。

例えば50歳男性、標準報酬月額55万円の人が大手術を受けたとしましょう。入院費も長期になり、合計で100万円かかりました。3割負担でも30万円のお金がかかってしまいました。貯金をしていたとしてもかなりの家計の負担になります。この場合この男性が払う金額はいくらでしょうか。

(全国健康保険協会・協会けんぽのHP参考)

上の図では②の区分イになり、167400円+(100万円-558000円)×1%=167400円+4420円=171820円となり、かなり医療費が抑えられます。

70歳以上では収入があるかどうかで変わってきます。

そこで医療保険とか考えてみましたが、何に加入するのがいいんでしょうか。
大きな手術なら高額医療費、またがんなどになっても先進医療などの補助があると考えると、本当に必要なのでしょうか。

入院の度に1日1万とか様々な保険ありますが、高額医療費までいかないような数日の入院が多い人にはよいのか・・・などなどいろいろ考えますね。

その人にあった保険というか。

自分の体と相談ですかね?
家族歴、嗜好歴・・・
それと病気の事前確率と。

解無し。

それでは。

医療事務資格-医療費ってどんな風に決まるんだろう-

月末になるとレセプトが来て、入力してってのを毎月やっているのですが、医療事務の職員が期限ギリギリで一生懸命調整してくれます。

医療事務の資格はたくさんありますが、有名なものだと大きく2つでしょうか。調べると何十個もあるみたいですね。

まずメディカルクラークです。一般財団法人の日本医療教育財団が毎月1回実施している試験です。たくさんの資格の中で最もpopularな資格です。
よくユーキャンとかでもやっていますね。

そして最難関の試験が診療報酬請求事務能力認定試験です。公益財団法人の日本医療保険事務協会が年2回実施する試験です。合格率30%の難易度が高い資格みたいです。

時間みつけて勉強してみようかと思います。

栄養ドリンクの成分-リポビタンDを参考にして-

栄養ドリンクの中身って、ぶっちゃけあんまりわかんないですよね。

カフェインを調べたついでに調べてみました。

カフェインに関しての前回記事→こちら

 

ものによってはタウリンとかアルギニンとか高麗人蔘とかあるけど、どうなんでしょうか。

 

なんとなく近くの薬局で有名どこのリポビタンDを買ってみました。

(大正製薬HPより)

 

ビタミンBが多く入っているんですね。

じゃあ、リポビタンDってなんだ?

リボビタンBでも良さそうだけど。

 

wikipediaさんによればこうらしいです。

デリシャスのDと、前製品のCの次ってことですか。

 

ちなみにビタミンBで、

推奨量は、ビタミンB1:推奨1.4mg/day、ビタミンB2:推奨1.6mg/day、ナイアシン(ビタミンB3):推奨15mg/day 上限350(85)mg/day←ニコチンアミド(ニコチン酸)、パントテン酸(かつてビタミンB5と呼ばれていた):目安5mg/day、ビタミンB6:推奨1.4mg/day 上限60mg/day、ビタミンB12:推奨2.4μg/day、葉酸(ビタミンM、ビタミンB9):推奨240μg/day 上限1000μg/day。

 

ニコチン酸アミドもビタミンB3の仲間ですね。

イノシトールもビタミンBの一種とされており、抗脂肪肝ビタミンと呼ばれており、脂肪肝や脂質異常症の治療に使われたり、セロトニンに関わっており鬱などに関わるものとして研究もされているみたいです。

ところで、

実際我々がどれくらいビタミン摂っているかのデータはこんなのがありました。

平成 29 年 国民健康・栄養調査結果の概要

全国民で考えると、少し足りていないんですかね。

僕は足りていそうですが・・・笑

 

あとはカフェイン50mg!!

推奨400mg(カフェインに関しての前回記事→こちら)としたら8本飲める?

いや、飲み過ぎか。

 

そして最後にタウリン。

タウリンは1000mg入っているみたいです。

ポケモンでいえば、攻撃力をあげるものってイメージ。

すっごくmoneyが高かった気が。

タウリンがミトコンドリア病に関係しているっていう論文もあるみたいです。

タウリンは1827年にウシの胆汁から発見されたそうで、ラテン語で雄牛を意味する「taurus タウルス」に由来しているそう。

肝臓や目に良いらしいですが、疲労にはどのように関わっているのでしょうか。

 

何か奥深いようでいろいろ今後も調べてみたいと思います。

それでは。

 

カフェインってどれくらい摂ってもいいの? 

僕の愛飲するモンスターエナジー。

味が一番好きな栄養ドリンクです。

ほぼ毎日飲んでいるんで、カフェイン量とか気になって調べてみると142mgとのこと。これは多いのか、少ないのか、一日どんなもん撮って大丈夫なのか、調べてみました。

 

カフェインの致死量は食品安全委員会(内閣府)によると、、、

カフェインの LD50(半数致死量:化学物質の毒性の指標)は、動物実験の結果を人に当てはめると55kgの人で約 11 g(11000mg)となるそうです。(50kg:10g 55kg:11g 60kg:12g 65kg:13g 70kg:14g)

これは、55kgに人は、モンスターエナジー1本のカフェインが142mg なので、約77本。

さすがにそんなには。

アメリカでは30代の男性が、18時間以内に1缶710ccのレッドブルを24本も飲んでしまったがために、亡くなったそうです。

日本でも2015年に20代男性の死亡例が出ているそうです。

では適正量はどうなんでしょう。

 

1日摂取許容量などは設定されていないようですが、推奨量などは決まっているそうです。

こちら

ちなみに厚生労働省の見解もよかったらどうぞ。

 

飲み過ぎには注意したいと思います。

それでは。

BAHAMAS バハマ 食生活アドバイザー

続き。

Japaneseはあまり行かないであろう国にも行ってきました。

BAHAMAS!バハマ!

キューバの首都ハバナと間違えやすいですが。

ハバナからバハマへは週に2,3本くらいしか飛行機ないらしく、結構レア。

マイアミとかイギリスとかからは直行あるみたいですが、日本からだと乗り換え最低でも2回いるのかな?

カリブ海を見ながらのフライト。

宿泊は絶対泊まりたかったアトランティス。

東京ネズミーランドみたいなホテルで、

ホテル棟が数え切れないくらいあり、

ロビーもきれいで、

プールも何個もあり、

海にも面しており、

中にはカジノがあったり、水族館があったり、

夜景も超きれい。

ブタさんがいる島やイグアナがいる島にいったり、

バハマ名物のコンク貝やご当地ビールもうまかった。

話変わりますけど、食生活アドバイザーって資格があって、食事も好きだし、Doctorとして患者さんに食のアドバイスもしたいなーと、資格受験してみることにしました。

それでは。