亜急性甲状腺炎

耳鼻科でたまに遭遇する疾患。

30歳以上の女性に多く、原因は不明。ウイルスが原因とも言われている。

症状

発熱、有痛性の硬結、圧痛。硬結は甲状腺内を移動する。

検査

採血:赤沈高値、CRP高値、WBC正常、T3・T4の上昇、TSHの低下、Tgの上昇

超音波:境界不明瞭な低エコー

甲状腺シンチ:I摂取率の激減

治療

多くは3ヶ月以内に改善する。

抗炎症剤(ロキソニンなど)、ステロイドなどを用いる。

動悸などが出る場合にはβ遮断薬(インデラルなど)を用いる。

 

甲状腺(喉仏の下あたり)の痛みを感じたら要注意。

 

参考に・・・

 

甲状腺腫瘍腫瘍診療ガイドライン 2010年度版   日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会

甲状腺癌取扱い規約 第7版 2015年 日本甲状腺外科学会

甲状腺結節取扱い診療ガイドライン 2013 日本甲状腺学会

 

UICC(Union for International Cancer Control)は2017年に第8版が発表され、新しくなっている。甲状腺乳頭癌の分類が45歳から55歳へと変更となっていたりするので、一度ご確認を。

それでは。

鼻・副鼻腔手術

耳鼻咽喉科でよく行われる鼻・副鼻腔手術をまとめました。

鼻づまりを治すため、鼻のなかの鼻中隔というところの曲がりを治す手術。

慢性的な副鼻腔炎などを治す手術などありますが、一般的なものを紹介します。

まずは鼻の解剖について説明します。

副鼻腔には4つの部屋があって、ほっぺに痛みがあったり、重い感じがする時は上顎洞に膿がたまっているかもしれません。

 

手術中に使う器械です。

たくさん種種ありますが、部位によって使い分けていきます。

 

次に手術に関して簡単に説明します。

以上が一般的なものです。

今は内視鏡などが発達して鼻の穴から手術できて傷が残りません。

 

他の亜型などはまた今度。

味覚障害

外来で、「味がしないんです、いつもと味覚が違います、、、」という主訴で来院される方がいます。

味覚障害の可能性があります。

食事は人生の楽しみの一つ!!しっかり治したいですよね。

頭部外傷が原因でなる場合などありますが、今回、耳鼻咽喉科領域の低亜鉛血症を中心についてまとめてみます。

 

まずは診断基準を見てみましょう。

 

3大原因:特発性、亜鉛欠乏症、薬剤性  

他にも感冒罹患後、全身疾患によるもの、鉄欠乏、手術後(鼓室形成術、扁摘、喉頭微細手術)、心因性、口腔・唾液性疾患、中枢神経障害など

 

日本臨床栄養学会の「亜鉛欠乏症の診療指針」において、基準80-130μg/dlとすることが適切であり、60-80μg/dlを潜在性亜鉛欠乏、60μg/dl未満を亜鉛欠乏としています。

この中で鉄欠乏性、心因性、外傷性を除き、50-70%が亜鉛不足(血清亜鉛濃度≦70μg)であったことが示されております。

阪上 医学のあゆみ 2005;214(49:275-279

 

日本臨床栄養学会の「亜鉛欠乏症の診療指針」

 

 

↑ クリック ↑

つまり亜鉛欠乏が多いってことです。すごい割合です。

採血で亜鉛がどれくらい体内にあるのかチェックしましょう。

 

他の検査はどういうのがあるのかというと・・・

電気味覚検査法

濾紙ディスク法

 

このような検査を組み合わせて調べることもあります。

 

治療としては亜鉛剤(プロマック、ノベルジンなど)の補給、漢方(補中益気湯、十全大補湯、八味地黄丸、五苓散など)を行います。

 

まれな病気として、ビタミンB12吸収障害によるHunter舌炎、特発性肥厚性硬膜円、Cronkheit-Canada病、ベーチェット病などの可能性もあるので、病院を受診しましょう。

 

重篤副作用疾患別マニュアル-薬物性味覚障害-(案) 参考にどうぞ。

味覚障害を起こす薬物など載っています。

それでは。

耳鼻科のよくある手術 for看護師

第二弾病棟勉強会。

耳鼻科でよく行われる手術の簡単な説明、病棟での様子・管理をまとめてみました。

看護師さん向け。

 

全体的なイメージが付くと思います。

他にも頸部の癌の手術、皮弁を使った大掛かりな手術もありますが、それはまた次回に。

 

耳鼻咽喉科が扱う領域ってすごくたくさんあるんです。

首から上で眼と脳以外!!!

よくある手術を9個ほど簡単に説明します。

①口蓋扁桃摘出術

何回も扁桃炎を繰り返している人などに行います。

 

本当に出血が怖いです。注意して経過見ていきます。

②鼻手術 こちらで詳しくまとめています。

③リンパ節摘出・生検

リンパ節の腫れの原因を調べたりするのに一部取ってきたりします。

④ラリンゴマイクロサージェリー(LMS)

よく声をだす人(幼稚園の先生、歌手など)などポリープが出来た時の切除、また癌などの生検を行います。

⑤唾液腺手術(耳下腺、顎下腺など)

唾液腺には耳下腺、顎下腺、舌下腺などがあります。腫瘍ができたりする場合手術を行います。顔面神経など顔を動かす神経があるので要注意です。

⑥甲状腺手術

甲状腺腫瘍などを扱います。耳鼻科でなくて外科で行うこともあります。

ここで耳の仕組みについて少し説明を。

難聴の種類には伝音難聴、感音難聴があり、それぞれ障害の場所によって分かれています。

⑦人工内耳埋め込み術

先天性難聴の子供や聴力を失ってしまった高齢者などに手術をし、耳のかわりの役割を果たします。

入れたからすぐに聞こえるわけではなく、そこから大変なリハビリも必要なんです。

先天性難聴は小さい時に入れたほうが言語発達がいいと言われていますが、大人になって入れた人も環境音や危険からの回避に役立ったりすることもあります。

⑧鼓室形成術

鼓膜が破れたり、音の伝わり方が悪い方などの手術です。

⑨気管切開 こちらで詳しくまとめています。

他の手術などはまたの機会に。

それでは。

気管カニューレ管理・種類・使い分け

「カニューレって種類たくさんあってわからない!!」

「どう使い分ければいいの?」

 

こんな声をちらほや聞きます。

病棟の看護師さん向けに行ったスライドです。

 

たくさんカニューレの種類があるけど、これは何?とか、風船がついてるけど、これはあったほうがいいの?とか、色々疑問あると思います。

一般の人も、特に研修医の人も難しいんじゃないかなと思います。

大切なことは大きく分けて3つ!!

①カフがあるか

②内筒が入っているか

③側溝があるかどうか

 

それに注意して観察してみて下さい。

下のスライドに詳しく書いてあるので読んで見て下さい。

状態に合わせて気管カニューレを適宜変更していきます。

こんな感じにです。

ではそれぞれを詳しく見ていきましょう。

 

さっきも言いましたが、大切なことは大きく分けて3つ!!

①カフがあるか

②内筒が入っているか

③側溝があるかどうか

カフに関して。

内筒に関して。

側孔に関して。

管理のポイントです。

また気管切開を行うと患者さんにこんなことがおきます。

覚えておいて下さい。

 

それでは。

医学教育とその連鎖

3月6日に今の病院の同期研修医・看護師と付属看護学校の救命サークルとで合同勉強会を開催!!

自分たちが大学4年の時に開いた全国規模のWSのノウハウをちょこっと使って。

 

429987_292225094180073_1944420382_n

懐かしいな。

http://profile.ameba.jp/fhu-task-friendz/

あの時は1年以上も毎日みんなで議論して悩んで最高のものをつくりあげようとして努力したなぁ・・・

 

今回は折角付属看護学校があるんだからコラボしようと。

自分たちが学生の時には臨床をもっと知りたいとずっと思っていた。しかし、その機会が少なかった。付属の学生にアンケートとって、何を知りたいか何を学びたいかを聞いたらやっぱ僕らが学生の時思っていたことと同じことを望んでいるのだと。

なるべく学生の意向に沿う形で学生の役に立ち、僕らも学ばせてもらういいきっかけになった勉強会でした。

20160306_7395

今回は小規模だったけど、アットホームで素敵な雰囲気でした。

あのときの学生の気持ちを忘れないように、頑張っていきたいと思った1日でした。

向かってくる死

「良寛って知ってるか?」僕が黒岩理事長から言われた言葉である。何となく、聞いたことはあるもののどのような人かは全然知らなかった。

研修医時代には必ず地域医療を学ぶ機会がある。僕は新潟南魚沼市に実習に来た。普段研修では救急医療・先進医療など高度な医療に触れていることから考えれば、地域での医療は新鮮だった。現在の私に取り巻く環境の医療というと、生にこだわり、死から遠ざけることに焦点が当てられていると思う。確かに緩和医療やホスピスなどの言葉は聞くが、あまり関わったことのない分野であった。それをこの南魚沼では多く感じ、考えることができた。

南魚沼は全国的にも高齢化が進んでおり、全国平均よりも5%以上高い水準となっている。研修させていただいている萌気園は20弱のグループがあり、その中に診療所をはじめ、多くの介護施設、グループホーム、デイケアなどがある。その中でたくさんの人に出会い、たくさんのお話を聞くことができた。人は必ず死ぬものであり、死から遠ざけることを考えるのではなく、どのように死を受け入れるか、など多くのことを考えるきっかけになった。

長岡西病院にビハーラ病棟という所がある。大きな枠で言えばガンと診断された人しか入所できない、末期患者の緩和医療病棟である。はじめに入って驚いたのは、病棟の中に仏像があったことだ。日本に3つそのような病棟があるのだという。そしてお坊さんによるお経がはじまり、患者さんたちは一緒にお経を唱えている。いささか顔が和んでいるような印象を受ける。院長先生によると、夜中に不穏になってしまう患者が夕方のお経を聞いた日にはゆっくりとお休みになられるってこともあるそうである。やはりその心の拠り所であるものをどこに見出すか、どのように死を受け入れていくか、などを真剣に地域全体で考えている所であると感じた。

この度、黒岩理事長に薦められて、「楢山節考」・「納棺夫日記」という本を読んだ。「楢山節考」は姨捨山の話、「納棺夫日記」は映画でも有名になった「おくりびと」のモデルとして有名な本である。特に納棺夫日記には納棺をする職業のことを通し、感じた作者の死生観、また仏教(浄土真宗)に関しての記述がたくさんあった。その後、気になって、映画「おくりびと」を借りて見てみた。映画では納棺する人物に焦点が当てられており、またヒューマン・ドラマになっており、作者の青木新門さん意図したものとは違うと感じてしまったが。本と映画では全く別の作品であると感じた。

現在の医療現場でも感じる生への執着。生命維持装置をつけ、生と死の狭間を彷徨っている。本人・家族が何としてでも1分1秒でも生きたいと考えているか、それか安らかな死を迎えたいかはわからない。DNARといって生前に自分の生き様を宣言しておくことは大切であると思う。また死に関しての受容はひとそれぞれであり、それが宗教に頼ったり、仏、キリストに頼ることなのかもしれない。この青木新門さんの本を通して浄土真宗・親鸞の教えをわかりやすく知ることができた。あまり仏教に関して勉強したことはないが、この本は親鸞の教えを知るには最高にわかりやすかった。

南魚沼での経験・読書を通して人間が必ず出会う死に関して多少なりとも考える機会になった。死ぬ直前まで自分なりの答えは出ないような気もするけれど永遠の課題として考えて見ようとも思った。

うおぬま・米ねっと

現在の研修制度では地域での医療を学ぶ機会が与えられている。研修病院によって異なるが、1ヶ月ほど北海道、新潟、地域医師会などで学ばせてもらう。

僕が、実習させていただいた新潟魚沼地域では次のような取り組みがあった。

 

魚沼医療圏で地域での医療をサポートする仕組みとして「うおぬま・米ねっと」(http://www.uonuma-mynet.org/)という試みがH26.4月からはじまった。事前申し込みで無料のサービスである。

十日町市、魚沼市、南魚沼市、湯沢町、津南町にある病院、診療所、薬局のうち、米ねっとに参加している施設と市町で診療情報が共有される。

f:id:keitarotoshikuni:20151027154324p:plain

うおぬま・米ねっとHPより

 

利点として

①利用者にやさしい

-複数医療機関で受診している場合でも、情報共有することで検査や投薬の重複 を防ぎやすいので経済的。

-情報共有により、検査や投薬の情報が他の医療機関でもわかるもので、安心して治療を受けられる。

-無料

 

②救急医療現場で速やかな対応ができる

-搬送先で普段、飲んでいる薬や検査の結果がわかるので、いざというときの速やかな治療に役立つ。

 

というシステムがあるんだそうです。

はじめ見た時、素晴らしいシステムだなと思いました。実際H26.10月現在で12000人以上の人が登録しています。実際本稼働になったらどうなるんだろう・・・

 

個人情報の問題、稼働率の問題、医療者と患者の連携などどのようになっているのでしょうか。どんな課題があるのでしょうか。