2019年専門医試験問題とPPPDと真珠腫

もうすぐ専門医試験ですね。

2020年度は面接が中止になって、記述、5択、小論文のようですね、

2019年の問題は過去問にないので、載せます。

第31回 専門医認定試験問題

問題1 内耳奇形

問題2 p16+中咽頭癌

問題3 嚥下障害

鼻腔閉鎖不全:ブローイング訓練 →動画

喉頭挙上障害、食道入口部開大障害:頭部挙上訓練(Shaker法、シャキア)→動画

問題4 嗅神経芽細胞腫

2016年 119巻8号

●嗅神経芽細胞腫の診断と治療 千葉大学大学院医学研究院耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍学 花澤豊行先生

問題5 好酸球性中耳炎と好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

問題6 喉頭外傷

問題7 BPPV ENG

ENGに関して

電気眼振図(ENG)の検査法と診断的意義について 伊藤彰紀先生

ENG の基本的手技と日常でよく見られる眼振 群馬大学大学院医学系研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 古屋 信彦・高橋克昌先生

問題8 口蓋扁桃肥大

 

また持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)に関し、まとめます。

2020年 123巻7号

●めまいとストレス 大阪市立大学大学院医学研究科 耳鼻咽喉病態学 角南貴司子先生

2020年 123巻2号

●持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)の診断と治療 新潟大学大学院医歯学総合研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 堀井新先生

 

次に真珠腫性中耳炎に関してです。

中耳真珠腫進展度分類2015改定案 日本耳科学会

2014年 117巻6号

●先天性真珠腫の診断と治療 三井記念病院耳鼻咽喉科 奥野妙子先生

●演習問題

2013年 116巻1号

中耳真珠腫進展度分類の活用法 宮崎大学耳鼻咽喉・頭頸部外科学 東野哲也先生

演習問題

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です