専門医通信2012年-甲状軟骨形成術-

今回は2012年!!

115巻2号に痙攣性発声障害のことがあるので、甲状軟骨形成に関して簡単にまとめてみます。

甲状軟骨形成術1型:一側性声帯麻痺に対し、声帯を内方に移動させ声帯間の隙間をなくし声を出しやすくする。

甲状軟骨形成術2型:内転型痙攣性発声障害に対し、声帯を強く締めすぎないようにチタンブリッチを装着し、緊張を緩めたまま固定する。

甲状軟骨形成術 2 型における チタンブリッジの使用マニュアル 日本喉頭科学会

甲状軟骨形成術3型:甲状軟骨の一部を切除し、声帯を短くし緊張をゆるめて声を低くする。

甲状軟骨形成術4型:甲状軟骨と輪状軟骨とを近づけ、声帯を前後に引っ張り、緊張を高め、声を高くする。

それでは本題に。

2012年 115巻12号

PFAPA(Periodic fever, aphthous stomatitis, pharyngitis, and adenitis)症候群の 診断と治療 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 林達哉先生

サーファーズイヤーの取り扱い 宮崎大学耳鼻咽喉・頭頸部外科 中西悠先生

演習問題

2012年 115巻11号

第24回日耳鼻専門医認定試験を終えて 第24回専門医認定試験委員長 髙橋晴雄先生

第24回専門医認定試験問題・解答

第24回専門医認定試験問題 キーワード

小論文のテーマ「がん難民」

神経疾患に伴う声帯運動障害 東京都健康長寿医療センター耳鼻咽喉科 木村百合香先生

歯科インプラント治療に伴う合併症 久留米大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座 佐藤クリニック耳鼻咽喉科・頭頸部外科 佐藤公則先生

演習問題

2012年 115巻10号

●嗄声の聴覚心理的評価(GRBAS 尺度) 日本大学医学部耳鼻咽喉・頭頸部外科学系 牧山清先生

MPO-ANCA 関連中耳疾患の取り扱い 徳島大学耳鼻咽喉科学教室 武田憲昭先生

演習問題

2012年 115巻9号

ボイスプロテーゼによる喉頭摘出後の代用音声 兵庫医科大学耳鼻咽喉科 寺田友紀先生

片頭痛に関連するめまいの診断と治療 独立行政法人国立病院機構東京医療センター耳鼻咽喉科 五島史行先生

演習問題

2012年 115巻8号

●第113回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会を終えて 第113回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会会長 髙橋姿先生

耳鼻咽喉科感染症の診療に必要な迅速診断法 藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科 鈴木賢二先生

メニエール病の側頭骨病理 三井記念病院耳鼻咽喉科 奥野妙子先生

演習問題

2012年 115巻7号

食物アレルギー診療ガイドライン 群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野 荒川浩一先生

再発性多発軟骨炎 帝京大学医学部附属溝口病院耳鼻咽喉科 室伏利久先生

演習問題

2012年 115巻6号

●アレルギー性真菌性鼻副鼻腔炎(AFRS)について 東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科 松脇由典先生

Balloon Sinuplasty 関西医科大学耳鼻咽喉科 友田幸一先生

演習問題

2012年 115巻5号

人工内耳と高次脳機能 神戸市立医療センター中央市民病院耳鼻咽喉科 内藤泰先生

鼓膜穿孔閉鎖術と鼓膜形成術 ―最近の進歩― 山形大学医学部耳鼻咽喉・頭頸部外科 欠畑誠治先生

演習問題

2012年 115巻4号

●第113回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 抄録集

2012年 115巻3号

甲状腺癌に対する放射性ヨード治療の適応と実際 神戸大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科頭頸部外科学分野 大月直樹先生

小児耳鼻咽喉科感染症とワクチン 独立行政法人国立成育医療研究センター耳鼻咽喉科 守本倫子先生

演習問題

2012年 115巻2号

●第25回日耳鼻専門医講習会を終えて 京都府立医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室 久育男先生

外来でできる嚥下リハビリテーション 尚寿会大生病院耳鼻咽喉科 大前由紀雄先生

痙攣性発声障害の取り扱い 熊本大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 讃岐徹治先生

演習問題

2012年 115巻1号

内耳疾患に対する鼓室内注入療法 岩手医科大学耳鼻咽喉科学教室 佐藤宏昭先生

鼻性 NK/T 細胞リンパ腫 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座 原渕保明先生

演習問題

2011年より前は専門医通信はないため、ここまで。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です